電気屋のぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 【LT】 レイアウトって?(その1) 図面について

<<   作成日時 : 2007/04/05 12:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

AutoCADの「レイアウト」を私なりに解説…に行く前に
ちょっと回り道。
CADから離れて考えてみよう。

私は電気屋(工事屋)なのですが
現場に行って職人さんに
「おーい、図面無いのかぁ?」
とよく言われます(あぁ恥ずかしい〜^^;)。

ここで言うとは、
いわゆる「施行図」のことですが、
電気屋で言えば、配線図とか、EPS詳細図の事です。
空調設備屋さんだと「ダクト図」、
衛生設備屋さんだと「配管図」
建築屋さんだと「平面詳細図」「展開図」
などに当るのでしょうか。

で、図面にも色々あって
施行図の前段階で必要になる「設計図」も図面の一つだし、
「配置図」ってのもありますね。
これらは「施行図」とはタイプが違いますが。

それはさておき…
いずれにしても「図面」とは
A1なりA3なりの用紙に
創りたい物の画(@)やそのために伝えたい事(A)などが記入してありますね。

例えば「平面詳細図」だと、

トイレの入口の壁の作り方や
コーナーで使う保護材、
通り芯からの壁のヨリやチリ寸法
これらが画として拡大表示されていて(ここまでが@)

場合によっては、
壁に使う材料の仕様が書いてあったり、
施行上の注意事項、
凡例などなど(ここまでがA)

色んな情報が記載されています。

図面には
壁のおさまりやコーナーのおさまりを図として描く(@)
だけでは
満たされない情報(A)
も表現されていますよね。

これらの「満たされない情報」も含めて
紙の上に書いて初めて
図面が出来上がるんですね。

ほんと、図面を書き始めると
あれはどうなってたっけ?
これはどうなってたっけ?と考えがふくらみ、
調べないといけないところや
取り合いをしなければならないところなどが見えてきますよ。
図面って本当に大切なんですよね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【LT】 レイアウトって?(その1) 図面について 電気屋のぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる